書類を用意しておこう

履歴書の正しい書き方を学ぼう

履歴書を書く時は、特に指定がない場合はA4サイズの用紙を準備してください。
また、手書きで書いた方が自分の気持ちが相手に伝わりやすくなります。
なるべく、空欄を作らないようにしましょう。
空欄があると、やる気がない人間だと思われてしまいます。
また転職の時は、どのような仕事に挑戦したいのか書くだけでは足りません。
自分は、このようなことができると才能をアピールしてください。

即戦力になることを履歴書で伝えれば、採用してくれる可能性が高まります。
また履歴書には、写真を一緒に添付します。
服装は、リクルートスーツが良いでしょう。
清潔感のある髪型にして、撮影してください。
写真も、面接の合否を判断することに関わっています。

職務履歴書とは

職務履歴書とは、これまで働いていた会社でどのような仕事に携わってきたのか記載する書類になります。
自分が成功させてきた仕事を、どんどん書き込んでください。
履歴書と同じように、こちらも空欄があるとマイナスのイメージを持たれてしまいます。
空欄を残さず、隅々まで記入してください。

また履歴書を書く時は、ですます調でも構いません。
ですが職務履歴書の場合は箇条書きで、ですます調は使いません。
履歴書と混同しないように気をつけてください。
ハッキリ言って履歴書よりも、職務履歴書の方が重要だと思っている会社が多いです。
履歴書が丁寧に書かれていても、職務経歴書が雑だと良いイメージを持たれません。
どちらも丁寧に記入しましょう。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る